技術翻訳、企業報告書翻訳、WEBサイトのグローバル対応

株式会社クロスロード

翻訳のクオリティを決めるポイント クロスロードの英訳は高いクオリティを保証します

思わぬ落とし穴!? 英訳でのさまざまな違いを知る

クロスロードが考える、翻訳での注意点を解説します

▶英語への翻訳での注意点

1. IR文書とカタログでは翻訳のスタイルも変わる

WEBサイト、アニュアルレポート等IR関連文書、各分野の論文、技報・技術文書、マニュアル・カタログ文書…。文書の形態はさまざまです。当然、用語や表現、文章スタイルもそれぞれ異なります。

さらに、それぞれにご担当者様がおられたり、異なる翻訳会社に委託されている傾向も見られます。

クロスロードでは用途により最適なスタイルの翻訳を提供します。

2. 英語圏でも方言で大きな差異

英語圏はアメリカ、ヨーロッパ、南半球、東南アジアなど。それら地域の方言に大きな差異があります。さらにローカルな翻訳体制では、本国での文書と一貫性のない用語、表現が採用されるおそれがあります。

クロスロードでは地域に精通した翻訳者が対応しますので、そのような不備は生じません。

3. 用語や表現がばらばらに? さまざまな翻訳会社のスタンス

翻訳を登録翻訳者に依頼する翻訳会社では内部でのチェックが行き届いていないと、用語が統一されないという事態が生まれます。

クロスロードでは用語を蓄積した辞書や過去の翻訳と十分に突き合わせ、統一をはかっています。

4. ネイティブ翻訳者 or 日本人翻訳者

ネイティブ翻訳者は、自然な響きの翻訳を作成しますが、日本文化を十分理解しきれていないため、原文の意図を表しきれないこともあります。

一方、日本人翻訳者は日本語の意図はしっかり把握できても、他の言語の文化・慣習・言い回しを理解しきれていない場合があります。

クロスロードではネイティブと日本人が組んで翻訳しますのでクオリティの高い翻訳となります。

クロスロードの翻訳サービス

クロスロードの多言語対応ドキュメント制作

クロスロードの情報誌制作・WEB制作

クロスロードへのお問い合わせ・お見積もり

クロスロードからの人材募集

クロスロードの翻訳品質をご紹介します

株式会社クロスロード
〒541-0054
大阪市中央区南本町2-1-1 本町サザンビル3F
TEL 06-4705-3553
FAX 06-4705-3555

クロスロードへのお問い合わせ
サイトのご利用にあたって 個人情報保護方針 サイトマップ
copyright(C) Cross Roads Co., Ltd All Rights Reserved.

PAGE TOP